立教大学 6-4 早稲田大学
勝:田中誠 敗:小島
本塁打:早稲田・檜村 1号、加藤 4号(6回)、熊田 1号(9回)

立教が終始リードを保ち、2勝1敗で勝ち点を獲得した。

立教は初回、2死2塁から4番・笠松(大阪桐蔭)の適時打で幸先よく先制。その後、中盤までこう着状態が続くも、6回表、2死1塁から主将・熊谷(仙台育英)の適時打で追加点を奪う。続く田中誠(大阪桐蔭)、寺山(神戸国際大附)、高取(日大二)にも適時打が飛び出し、4連打で5対0とリードを広げると、7回にもスクイズで追加点を奪い、6対2とする。

投げては、先発・田中誠(大阪桐蔭)が6回途中1失点と試合を作り降板。2番手・手塚(福島)が終盤追い上げにあうものの、最後は1年生・中川(桐光学園)が反撃を封じ、試合終了。優勝へ向け大きな勝ち点1を獲得し、単独首位に躍り出た。

敗れた早稲田は6回に檜村(木更津総合)、加藤(早稲田実)の本塁打、9回には熊田(早稲田実)の代打本塁打で立教を追いつめるも、あと一歩及ばず。