5月15日、東京六大学野球春季リーグの第6週2日目が行われ、首位決戦のカードとなった第2試合は、明大が2対0で慶大に完封勝ち。今カードの成績を1勝1敗とした。

明大の先発・村田が7回1死満塁のピンチを脱してガッツポーズを見せる

 慶大が先勝して迎えた首位決戦カードの2回戦。明大は今季5試合で3勝1敗、防御率2.89の村田賢一(3年・春日部共栄)、慶大は今季4試合で0勝0敗、防御率2.45の外丸東眞(1年・前橋育英)の両右腕の先発で試合が始まった。

 初回に2死満塁のチャンスを逃した明大だったが、3回表に1番・明新大地(4年・明大中野)の二塁打、2番・長南佳洋(4年・八戸光星)の犠打で1死三塁として、3番・宗山塁(2年・広陵)が「4年生が作ってくれたチャンスは絶対にものにしないといけない」とライト前へ先制タイムリー。さらに5回表、宗山が今度は2死から二塁打を放ってチャンスメイクし、4番の上田希由翔(3年・愛産大三河)がセンター前タイムリーを放ち、2点のリードを奪った。

5回表、チーム2点のホームを踏んだ宗山と盛り上がる明大ベンチ

 明大の先発・村田は「今日は攻めて行く」とストレートで押しながらも、変化球を低めに集めて「特にシンカーが良かった」と6回まで2安打無失点ピッチング。7回裏に2本のヒットと四球で1死満塁のピンチを迎えたが、「最後はストレート。投げた瞬間は危ないと思ったけどグラブに入ってくれて良かった」と代打・本間颯太朗(2年・慶應)を投手ゴロ併殺打に仕留めて得点を許さず。8回からは2番手・髙山陽成(4年・作新学院)が好リリーフを見せ、2対0の完封勝ちを収めた。

 この勝利が、明大にとっては2019年春以来11戦ぶりの慶大戦勝利(その間、3分7敗)。「やっと勝てた」と明大・田中武宏監督。一方、「明日は総力戦になる」と慶大・堀井哲也監督。この日の第1試合で立大が勝ち点を獲得したために今週の優勝決定がなくなった中、首位を争う両チームが1勝1敗で明日の3回戦を迎えることになった。

明大が2019年春以来の慶大戦勝利。首位決戦カードは1勝1敗で3回戦へ

■明治大vs慶應義塾大2回戦
明大 001 010 000=2
慶大 000 000 000=0
【明】○村田、髙山-蓑尾
【慶】●外丸、森下、橋本達-善波、宮崎

◎明治大・田中武宏監督
「村田は蓄積疲労があることは分かっていたんですけど、本当に丁寧に、よく投げてくれました。村田だけではないですが、神宮で勝つということで成長している。(2019年春以来の慶大戦勝利に)やっと勝てたなと。ホッとしました」

◎明治大・村田賢一(3年・春日部共栄)
「いつもだと正直、力んでパワー勝負に行くところを、今日は低めを意識して投げて、それを徹底できたのが良かった。特にシンカーが低めに投げれていた。(7回の1死満塁のピンチは)いつ点を取られてもおかしくはなかったですけど、ゼロにこだわって投げていたので抑えに行った。去年は気持ちばっかりが先行してしまってコントロールが良くなかった。気持ちの面の余裕ができた部分が成長している部分だと思います」

◎慶應義塾大・堀井哲也監督
「(明大の先発・村田は)低めの変化球が良かった。打者も絞り切れなかった。そこをベンチ、監督が後押ししなくちゃいけなかったんですけどできなかった。(7回1死満塁の場面は)迷いなく(代打を)送り出したんですけど、1歩足りなかった。明日は総力戦になる。しっかりとできることをして、明日の試合に臨みたい。優勝は結果なので、対抗戦の中で目の前の試合に全力を尽くしたいと思います」