FAカップ決勝、チェルシーvsリバプールが14日にウェンブリー・スタジアムで行われ、0-0のまま120分間の戦いが終了。その後、PK戦を5-6で制したリバプールが2005–06シーズン以来、通算8度目の優勝を果たした。なお、リバプールのFW南野拓実はベンチ外となった。

チェルシーは準決勝でクリスタル・パレスとのダービーを危なげなく勝ち切って3大会連続でのファイナル進出を決定。アーセナル、レスター・シティ相手に2年連続敗れる屈辱を味わったブルーズは、3度目の正直での2017-18シーズン以来、通算9度目の戴冠を目指した。

直近のリーグ戦でリーズ・ユナイテッドを3-0で破り、3戦ぶりの白星によって勢いを持って臨んだ今回の大一番に向け、トゥヘル監督はクリステンセンに代えてチアゴ・シウバを復帰させた以外、同じメンバーを継続。相手のハードチャージを受けて左足首を痛めていたコバチッチもスタメンでプレーすることになった。

一方、リバプールは準決勝でリーグ戦でもタイトルを争うマンチェスター・シティを撃破し、2011-12シーズン以来のファイナル進出を決めた。逆転でのプレミア優勝は厳しくなっているものの、未だカップトレブルの可能性を有するクロップ率いるチームは、2005–06シーズン以来遠ざかる通算8度目のFAカップタイトルに挑戦した。

2-1で競り勝ったアストン・ビラ戦からは先発5人を変更。マティプとツィミカス、カーティス・ジョーンズ、ジョタに代えてコナテとロバートソン、チアゴ、サラーを復帰させたほか、負傷のファビーニョの代役にヘンダーソンを起用した。

EFLカップ決勝でPK戦までもつれ込む激闘を演じた両雄による、今季2度目のファイナルでの激突。試合は勢いを持って入ったリバプールが押し込む展開となる。

左サイドのルイス・ディアスを起点に縦に速い攻めを見せるリバプールは9分、ハーフウェイライン付近の右サイドでアレクサンダー=アーノルドが右足アウトを使った圧巻のスルーパスを相手の背後を狙うルイス・ディアスに通す。だが、そのままボックス内に持ち込んだコロンビア代表FWのシュートはGKメンディのビッグセーブに遭う。さらに、こぼれ球を拾ったナビ・ケイタがミドルシュートを狙ったが、これも枠の右に外れた。

早い時間帯の先制点とはならなかったが、以降も攻守両面で躍動するリバプールの時間帯が続く。だが、チェルシーも20分を過ぎた辺りから相手のプレスに順応して押し返していく。23分にプリシッチがファーストシュートを放つと、28分には最初の決定機を創出。カウンターからボックス左でプリシッチのラストパスを受けたマルコス・アロンソが左足のシュートを放つが、ここはうまく間合いを詰めたGKアリソンのビッグセーブに阻まれた。

互いに1度ずつビッグチャンスを作り合い、EFLカップ決勝のような拮抗した展開になり始めた中、リバプールにアクシデントが発生。33分、そ径部を痛めたサラーがピッチに座り込んでしまうと、プレー続行不可能となったエースFWはジョタとの交代でピッチを後にした。

前半終盤にかけては睨み合いの状況が続いた中、ハーフタイム直前にはロバートソンの左クロスに飛び込んだジョタ、プリシッチのスルーパスに抜け出したルカクと互いに決定機を作ったが、いずれもシュートを枠に飛ばすことができず。白熱のファイナルはゴールレスでの折り返しとなった。

後半は前半とは打って変わってチェルシーがアグレッシブな入りを見せる。キックオフ直後にプリシッチの右クロスからマルコス・アロンソが枠のわずか右に外れる惜しいシュートを放つと、その直後にもルカクのボックス内での落としからプリシッチが鋭いシュート。だが、これはGKアリソンの好守に遭う。さらに、49分にはボックス右付近で得たFKをマルコス・アロンソが角度のないところから直接狙うと、これがクロスバーを叩いた。

何とか立ち上がりの劣勢を凌いだリバプールは、アレクサンダー=アーノルドの正確なクロスからロバートソン、ルイス・ディアスのカットインからのシュートと後半もサイドを起点にチャンスを窺う。さらに、60分には相手陣内左サイドでのボール奪取から得意のカウンターを繰り出し、ボックス右でナビ・ケイタからラストパスを受けたジョタが枠のわずか左に外れる鋭いシュートを放っていく。

以降はリバプールの連動した守備がチェルシーのビルドアップを再び窮屈にさせ、押し込む流れを作り出す。この状況を受け、トゥヘル監督は67分にコバチッチを下げて負傷明けのカンテを投入。すると、ダイナモの投入によって中盤の強度を増したブルーズが徐々に押し返して試合は膠着状態に。

EFLカップ決勝同様にゴールレスのまま試合は後半終盤に突入。そういった中、ナビ・ケイタを下げて百戦錬磨のミルナーをピッチに送り出したリバプールが、ここからよりパワーを見せる。

83分と84分にはボックス右でマネのラストパスを受けたルイス・ディアス、ミルナーの高精度の右クロスにファーで反応したロバートソンに続けてビッグチャンスが訪れるが、いずれもポストを叩いて土壇場での決勝点とはならず。さらに、後半アディショナルタイムにもルイス・ディアスに2度のシュートチャンスが訪れたが、GKメンディの牙城を破るまでには至らない。そして、EFLカップ決勝に続き今回も90分間で決着は付かず、延長戦に突入することになった。

延長戦ではリバプールがファン・ダイクとルイス・ディアスを下げてマティプ、フィルミノを投入。対するチェルシーも延長後半にチャロバー、プリシッチを下げてロフタス=チーク、アスピリクエタを投入し、互いに異なる特徴を有する選手の投入で決着を目指す。だが、マティプやカンテといった両守備陣の好守もあって均衡が保たれる。

延長戦では互いに決定機まで持ち込めない睨み合いが続いた中、前回対戦同様に決着はPK戦に委ねられることになった。そのPK戦ではチェルシーの2人目のアスピリクエタ、リバプールの5人目のマネが失敗してサドンデスに突入。決着が付いたのは7人目で、先攻のチェルシーのマウントが右を狙ったシュートをGKアリソンが見事な反応でストップ。そして、後攻のリバプールはロバートソンに代わって延長後半に投入されたツィミカスが冷静に左隅へシュートを突き刺した。

そして、EFLカップに続く激闘を制したリバプールが16年ぶりのFAカップ制覇を成し遂げて今季2冠を達成。一方、再びリバプールに屈したチェルシーは3大会連続ファイナルでの敗戦となった。