■立教大vs早稲田大1回戦
立大 000 000 410=5
早大 000 000 000=0
【立】○荘司、沖-黒岩
【早】●加藤、伊藤大、伊藤樹-印出

◎立教大・溝口智成監督
「前半にもう少し流れがこっちに来るかなと思っていた。なかなかうまく行かなかったが、尻上がりに内容が良くなった。特に攻撃。後半に5点を取れたのは収穫かなと思います。(荘司は)これまでよりも低めに投げることを意識していて、ある程度体現できていた。でもちゃんと勝ち切る投手になるには、まだまだ球の精度と投げるスタミナが足りない。これから上げていってもらいたい」

◎立教大・荘司康誠(4年・新潟明訓)
「先週の東大戦では役目を果たせなかったので、今日は何とかしたいという思いで投げた。低めに投げることを意識した。ピンチの場面は多かったんですけど、粘って0点に抑えられたのは良かった。今日はスプリットをうまく使えた。でも背番号18をもらっているので、完投、完封をできなくちゃいけない」

◎早稲田大・小宮山悟監督
「4点を失った7回は、よもやのエラーも絡んだ。もうひと踏ん張りというところで踏ん張れなかったことで、こういう結果になった。攻撃面でも、もう少しやりようがあった。申し訳ないです」