「投高打低」と称される今年のプロ野球。

ロッテ・佐々木朗希が完全試合を達成したほか、ソフトバンク・東浜のノーヒットノーラン達成。さらには中日・大野も完全試合「未遂」を遂げるなど、投手陣の凄まじい活躍が目立つ。

その中でやはり球界を湧かせたのは、プロ野球史上最年少での達成となった、佐々木朗の完全試合(4月10日・オリックス戦)だろう。

【関連記事】メジャー通算100本塁打まであと1本の大谷翔平 恩師が語るその凄さ「彼は自分でやるべきことが全てわかっていた」


そんな佐々木朗の活躍について、近鉄等で活躍した金村義明氏、ロッテ一筋17年で活躍した初芝清氏、そしてミスターファイターズこと田中幸雄氏の3名が、スポーツアンカー・田中大貴氏のYouTubeチャンネル「アスリートチャンネル」に出演し、そのすごさを語った。

今回の完全試合達成を受け、初芝氏は

「今の時代に完全試合できるんだっていう感じですよね。近年はピッチャーは分業制で完投自体がそんなにない中ですからね」

と、「先発ー中継ぎー抑え」という役割分担が主流となっている現代野球のなかでの佐々木の偉業に感心。

その佐々木は、完全試合を達成した次の登板となった17日の日本ハム戦でも8回までパーフェクトピッチングを披露し史上初の偉業まであと一歩と迫った。

そんな右腕のピッチングを、幸雄氏はこのように語る。

「本当とんでもないボールを投げるなと思って見ていました。1試合目(4/10)の方がストレート・フォークともに素晴らしかったですね。2試合目(4/17)の方は、打者が真っ直ぐのタイミングがあっても、(バットが)ボールのしたに入っていますよね。差し込まれることも多かったでしょう。とにかく投げっぷりが非常に良かったですね」


今回佐々木が完全試合を達成した試合はマリンスタジアムで行われたもの。

ロッテの主力選手として同球場で長く戦ってきた初芝氏は、マリン特有の「あれ」も佐々木の投球に優位に働いたのではないかと話す。

「風の影響があると思いますね。僕も野田(浩司)が完全試合を達成したマリンでの試合に出場していましたが、フォークとわかっていても、どっちに落ちるかわからないんですよ」

そんな佐々木は先日4月25日に疲労を考慮され一度登録を抹消。

シーズン序盤とはいえ、身体の負担も気になるところだが、過去佐々木と同じく「球界の宝」とされた大谷翔平を育てた幸雄氏は、その点このように見ているという。

「そこに関してはロッテの育成方針もあると思いますが、ファイターズも同じように、大事に大事に怪我をさせないようにしてきました。大谷選手は投手・野手両方やっていましたので、監督・コーチと話をし体調も考慮しながら出場のタイミングを決めていましたね。佐々木投手もまだ若いですし、体もまだできてくると思う。肩肘を痛めずに大事に使っているのではないかと思いますね」

10日間の間隔を経て登板した6日の試合では、勝ち星こそ逃したものの6回1失点と好調をキープ。

令和の怪物・佐々木は今後どこまで躍進を遂げるのだろうか。

動画内では、そんな佐々木の今季の勝利数予想についても語られている。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
【関連記事】佐々木朗希が月間MVP! ビジネス界注目のロッテ育成法も「MVP級」
【関連記事】「あれはストライク」佐々木朗希の“球審問題”に佐藤義則氏が見解!「僕が投手コーチだったら・・・」
【関連記事】【阪神】秋山の「懲罰降板」が波紋 「だから勝てない」といわれる「ちぐはぐ采配」とは