「ただ受け入れて、前進し続けるつもりだよ」とナダル

現地5月12日、「BNLイタリア国際」(イタリア・ローマ/ATPマスターズ1000)シングルス3回戦、第13シードのデニス・シャポバロフ(カナダ/同16位)に6-1、5-7、2-6で逆転負けを喫した第3シードのラファエル・ナダル(スペイン/世界ランク4位)は「また足が痛い」とし、5月22日開幕の全仏オープンへは主治医を連れていく予定だと明かした。

【動画】左足を引きずり、顔をしかめながらプレーしていたナダル

ナダルは昨年8月、悩まされているという左足の問題でシーズン終了を発表。治療を行なって今季開幕から復帰すると、今年の全豪オープンで男子では史上最多21度目のグランドスラム優勝を果たすものの、「足のケガは治らないから痛みをコントロールしてプレーする方法を見つけなければならない。それは一つの目標だ」と告白している。

3月の「BNPパリバ・オープン」(アメリカ・インディアンウェルズ/ATPマスターズ1000)後に肋骨の疲労骨折が判明して休養。前週の「ムチュア・マドリード・オープン」(スペイン・マドリード/ATPマスターズ1000)で6週間ぶりに復帰となったナダルだが、「正直なところ、復帰してから足が辛いんだ。何日も続けてきちんとした練習ができないのが辛い。今日の試合では、自分のプレーが良くなってきていることを実感できたのに悲しいよ、せっかくポジティブなことを感じ始めたのにね」と、左足の痛みに再び苦しめられていると語っていた。

気になるのは、13度優勝している全仏オープン(5月22日〜6月5日)に出場できるのかということ。

「正直、今はもう何も言えない。治療が必要とか、そういうことではない。1週間と数日後には目標があるんだ。その目標に向かって、夢を持ち続けたい。まずは、練習に痛みを感じないようにすること。今日はプレーすることはできなかったが、あと2日もすれば良くなるかもしれない。全仏オープンには、主治医も一緒に行く予定だ。そうすることで、いろいろなことができるようになると思う。ポジティブな日もネガティブな日も、ポジティブな意味で自分に起こったすべてのことを大切にする必要がある。たとえそれが簡単なことでなかったとしても、ただ受け入れて、前進し続けるつもりだよ」と現状では出場する予定のようだ。とはいえ、グランドスラムで優勝するには7試合、5セットマッチを戦い抜かなければならない。

“目標に向かって、夢を持ち続けたい”と語るナダル。プレーを続けられるところまで回復を祈りたいところである。