※掲載期限切れのため動画は削除しました

ヴィクトリアシリーズ、京都フローラVS埼玉アストライアの第7戦が、5月11日県営大宮球場で行われた。

4連戦の3試合目は両チーム競った試合となった。

初回、先制したのはアストライア。
2アウト三塁の場面で、4番・楢岡が打ち上げた打球がセンターとセカンドの間に落ち、その間にランナーが生還。1-0とする。

その後、序盤は両チーム先発投手・アストライアは谷山、フローラは植村が2塁ベースまで踏ませない好投で試合は動かず。

試合が動いたのは4回表。
1アウト二、三塁でフローラ6番・泉がレフト前にタイムリーツーベースヒットを放ち、2-1と逆転に成功。

フローラは4回裏にアストライアに1点追加され同点に追い付かれるも、5回表1アウト満塁の場面で4番・中村。詰まったあたりでセカンドゴロだったが、その間に三塁ランナーがホームに還り、3-2とする。

最終回、突き放したいフローラは1アウト一、三塁として5番・小西が右中間へタイムリーツーベースヒットを放ち、5-2と追加点をあげる。

7回裏、アストライアに1点を返されるも、フローラ2番手投手の長尾が最後は打者を空振り三振に打ち取り、試合終了。

京都フローラが埼玉アストライアを5-3で下し、4連勝とした。

前回5/7の京都フローラVS埼玉アストライア戦ハイライト動画はこちら!