東京マラソン財団オフィシャルイベント「有明・お台場リレーハーフマラソン」が5月14日(日)、江東区・港区にある東京都臨海副都心シンボルプロムナード公園特設ランニングコースにて開催された。

「はじめてランナー歓迎。みんなで走ると、ほら、楽しい! 」をコンセプトにしたイベントでは、「親子ラン・1km」「チームリレー・ハーフ」「個人ラン・ハーフ」を実施。ゲストランナーとして中村優、M 高史も参加し、総勢832人が“湾岸RUN”を楽しんだ。

運営には、東京マラソン財団オフィシャルボランティアクラブ「VOLUNTAINER」から82人が協力。小学生ボランティア体験では、親子ラン参加者の小学生が給水ボランティアで、ランナー達にコップを差し出した。

イベントには、7月1日(土)から始まるチャリティランナー募集に先駆け「Run with Heart ブース」も出展。各寄付先事業の紹介や、ランナーへの給水活動を行った。東京マラソン2018チャリティ、寄付先事業は、6月下旬に発表される予定だ。

「有明・お台場リレーハーフマラソン」に832人が参加

「有明・お台場リレーハーフマラソン」に832人が参加

「有明・お台場リレーハーフマラソン」に832人が参加

「有明・お台場リレーハーフマラソン」に832人が参加