慶應大学 3-0 明治大学
勝:菊地 敗:森下暢
本塁打:郡司 3号(2回)

慶應が連勝で勝ち点を獲得し、優勝へ一歩近づいた。

打線は2回裏、先頭の5番・郡司(仙台育英)が今季3号本塁打を放ち、先制に成功。4回には倉田(浜松西)、6回には清水翔(桐蔭学園)の適時打でそれぞれ加点し、3対0とリードを広げた。

投げては、リーグ戦初先発となった先発・菊地(慶應志木)がキレのある変化球を中心に安定した投球で、6安打完封勝利を挙げた。

敗れた明治は、先発・森下暢(大分商)が毎回のようにランナーを出しながらも7回途中3失点と粘りの投球。2番手で前日先発した齊藤(桐蔭学園)がマウンドに上がり、2回途中無失点と好投するも、打線が散発6安打に封じ込められ、得点することができなかった。3連覇に向けて後がなくなった明治は、立教戦で勝ち点を挙げ、望みをつなげたい。