明治大学 3-5 慶應大学
勝: 高橋亮 敗:外尾
本塁打:明治・宮崎 1号 (6回)

接戦を制した慶應が、勝利を収めた。

2点を追う5回、慶應は倉田(浜松西)の中安、明渡(桐蔭)の右安で好機を作り、天野(智辯和歌山)、柳町(慶應)の適時打で同点とすると、続く4番・岩見(比叡山)の犠飛で逆転する。その後、一発で同点に追いつかれて迎えた6回。二死満塁の好機に、相手投手の暴投で勝ち越しに成功する。さらに8回裏にも瀬尾(早稲田佐賀)の適時打で追加点を挙げ、リードを広げた。

投げては、7回から登板した高橋亮(慶應湘南藤沢)が打者9人を完璧に抑え、リーグ戦初勝利を挙げた。

一方、明治は平塚(春日部共栄)の犠飛などで序盤にリードし、6回には宮崎(履正社)がリーグ戦初となる本塁打を放つも、投手陣が踏ん張り切れなかった。