法政が快勝で勝ち点を挙げた。

打線は2回表、6番・川口(横浜)のライトフェンス直撃の適時二塁打で2点を先制すると、続く1死三塁の好機から舩曳(天理)の適時打でさらに1点を追加。続く三回に、4番・中山(履正社)の今季2号2ランでリードを広げると、2点差に追い上げられた8回には主将・森(日大三)の2点適時打で8対4とする。

投げては、先発・長谷川(聖望学園)が毎回のようにランナーを背負いながらも7回4失点の粘りの投球。9回途中からは守護神・熊谷がマウンドに上がり、チームを勝利に導いた。

敗れた慶應は、4番手・菊地(慶應志木)が5者連続三振を奪うなど好救援。3番・岩見(比叡山)の2打席連続本塁打で追い上げを見せるも、序盤の失点が響いた。