連日の快晴の中行われた立大2回戦は、中盤まで接戦に持ち込んだものの、終盤に突き放され結局またしてもの2桁失点で大敗となった。東大は1回表に先頭の1番宇佐美舜(3年/桐朋)が右中間を破る二塁打で出塁、2番杉本(3年/金沢泉丘)が犠打で三塁へ進めると、ワイルドピッチで1点先制<東1-0立>。東大先発の濵﨑(2年/鶴丸)は走者を出すものの2回まで無失点でしのいだが、3回裏に一死三塁から立大・1番寺山に適時二塁打を浴び同点とされる<東1-1立>。4回裏には二死二三塁から立大・8番熊谷に適時打を浴びたものの、二塁走者はセンター宇佐美の好返球で本塁タッチアウト<東1-2立>。反撃したい東大は5回表、一死から6番竹中(3年/修道)、7番森田(4年/学芸大附)の連打でチャンスを作るも無得点。その裏に一死二三塁から立大・3番松﨑の投手強襲適時打で1点を追加される<東1-3立>。6回裏には2番手溪(3年/浅野)が登板するも、二死二塁から立大・9番手塚に適時三塁打を浴び降板<東1-4立>、リリーフに上がった3番手山下大(2年/豊田西)も続く立大・1番寺山、2番林田に連続適時打を浴びる<東1-6立>。7回表は二死から6番竹中が二塁打で出塁も得点ならず。その裏に立大・4番笠松にソロホームランを浴びる<東1-7立>。8回表東大は先頭の代打岩田(3年/国立)が敵失で出塁、続く代打三鍋(3年/川和)が安打で続き、1番宇佐美舜の死球で無死満塁とするも、一死後に内野ゴロの間に1点を返すのみに止まる<東2-7立>。その裏に4番手柴田(4年/洛星)が二死満塁のピンチで立大・4番笠松に2打席連続となるダメ押しの満塁本塁打<東2-11立>。大敗ムードを最終週で払拭できるか。厳しい戦いが続いている。