初戦、東大相手に大量得点で快勝の幕開けを果たしたフレッシュリーグ。あれから2週間、法大相手に挑んだ戦いは接戦。惜しくも差を縮めることができず敗れた。

先制点を奪われ、1点を追っていた二回。嶋田翔(環1)が左前安で出塁すると、橋本昂樹(商2)のライト前への適時二塁打で1点を返す。五回には宮田皓(商2)が出塁すると、この回もチャンスで橋本の打席。好機を逃さず、ホームランで2点を追加し点差は1点に。しかし、その1点の壁がなかなか超えられない。苦しい戦いは続き、九回に宮田が左中間を破る二塁打を放つも後続が倒れ得点にはならず。

先発の石井雄也(商2)の立ち上がりはまずまず。五回には津留崎大成(商2)が継投。3者連続で空振り三振を奪い堂々の神宮デビューを飾った。残った3イニングは髙橋伶介(政2)が全ての回を三者凡退に抑え1安打無得点の快投。しかし、同点に追いつくことはなく、3対4で惜しくも試合終了となった。

記事:國分 萌々子