立教が得点を積み重ね東大に連勝。勝ち点を獲得した。

立教は初回、捕逸で1点を先制されるも、3回に寺山(神戸国際大附)の適時二塁打で同点とすると、続く4回には熊谷(仙台育英)の今季初打点となる適時打で逆転。7回、8回には4番・笠松(大阪桐蔭)に2打席連続ホームランが飛び出し、試合を決定づけた。

先発の手塚(福島)は初回に1点を失うものの、その後は緩急を織り交ぜた危なげない投球を見せ、7回1失点で今季2勝目。2番手以降は中村(聖望学園)、中川(桐光学園)の継投で逃げ切った。

敗れた東大は連投となった先発の濱崎(鶴丸)が中盤に失点を重ね、救援陣も粘りを見せることができなかった。