ボルダリングワールドカップ(W杯)が5月6日、東京・八王子で開幕した。

スポーツクライミングには3つの種目(ボルタリング、リード、スピード)があるが、今回八王子で行われたのは「ボルタリング」。

渡部桂太選手は予選を以下のように振り返った。準決勝、決勝はあす5月7日。

日本男子勢で予選を通過したのは8名。楢崎智亜(ともあ)選手、藤井快(こころ)選手。堀創選手、緒方良行選手、渡部桂太選手、杉本怜選手、渡邉海人選手、石松大晟(たいせい)選手だ。


---:予選を振り返っていかがでしたか。

渡部桂太選手(以下、敬称略):完登数を稼ぐ。「5完登を目指さないと」という緊張感はありました。1つ登れず、悔しい思いをしました。(4課題目は)惜しい落ち方だった。自分の集中力が足りなかったのか、エンジンがかかっていなかったのかも。終わったことはもういいので、次のラウンドのことを考えたい。修正してパフォーマンスを上げたい。

---:自国開催でプレッシャーを感じることはありましたか?

渡部:特にプレッシャーはなかった。海外で3ラウンドが終わって、(八王子大会は第4戦)次は日本戦ということもあり、少しだけ緊張したが、まだ予選。慌ててもしょうがない。

---:自身の強みは。

渡部:何も自分自身は特徴がないので、万能をめざしている。全ての能力において100点に近いパフォーマンスをすることを目指していて、今年はそれがはまっている。ある程度レベルアップはしていると思う。

ボルダリングW杯、予選を渡部桂太が振り返る「特にプレッシャーはなかった」撮影者:大日方航

ボルダリングW杯、予選を渡部桂太が振り返る「特にプレッシャーはなかった」撮影者:大日方航