ボルダリングワールドカップ(W杯)が5月6日、東京・八王子で開幕した。

スポーツクライミングには3つの種目(ボルタリング、リード、スピード)があるが、今回八王子で行われたのは「ボルタリング」。

日本女子勢で予選を通過したのは4名。野中生萌(みほう)選手、野口啓代(あきよ)選手、小武芽生(こだけめい)選手、尾上彩(おのえあや)選手だ。

準決勝、決勝はあす5月7日に開催される。野中選手は試合後、予選を以下のように振り返った。


---:予選はいかがでしたか。

野中選手(以下、敬称略):一番緊張した予選でした。課題(コース)も「日本の課題だな」という感じがしました。

---:どういったことを意識して登られているのでしょうか。

野中:その場での選択が重要。全体像を見て、ホールド(突起物)を見て、あとはその場その場で。

---:今大会の目標は。

表彰台に立ちたい。去年の大会での準決勝はギリギリだったので、今年は余裕をもって、全力で頑張りたい。

ボルダリングW杯、予選を野中生萌が振り返る「一番緊張した予選でした」撮影者:大日方航

ボルダリングW杯、予選を野中生萌が振り返る「一番緊張した予選でした」撮影者:大日方航

ボルダリングW杯、予選を野中生萌が振り返る「一番緊張した予選でした」撮影者:大日方航

ボルダリングW杯、予選を野中生萌が振り返る「一番緊張した予選でした」撮影者:大日方航