両チーム譲らず、試合は延長12回引き分け。

初回、法政は福田(大阪桐蔭)の犠飛、鎌倉(日本文理)の3塁ベースを直撃する適時打で一挙4点を先制。慶應は直後に清水翔(桐蔭学園)の適時打などで3点を返すと、さらに3回、主将・照屋(沖縄尚学)の適時打で同点に追いつく。中盤、バッテリーミスで法政が勝ち越しに成功するも、慶應は清水翔のリーグ戦初本塁打となるソロで再び同点に。

両先発が3回までに降板し、乱打戦になるかと思われた試合だったが、中盤以降は両投手陣が奮闘。6回からマウンドに上がった法政・熊谷は、舩曳(天理)の好守などにも助けられ、5回無失点の好投。慶應は12回、サヨナラのチャンスをつくるも、あと一歩及ばず、試合は引き分けとなった。