快晴のもと行われた早大2回戦は、4回に先制を許し、以降そのまま差を広げられ、7回には満塁弾を浴びるなど一方的な展開に。打線も2安打と元気がなく大敗に終わった。

東大は初回、2番杉本(3年/金沢泉丘)が二遊間を破る安打で出塁するも得点ならず。以降早大・先発柳澤に完璧に抑えられる展開に。先発の柴田(4年/洛星)は走者は出すものの3回まで無失点に抑えていたが、4回に先頭に三塁打を浴び、続く早大・7番織原に適時二塁打で先制を許すと<東0-1早>、 犠打エラーで一三塁とされ、早大・9番柳澤にも適時打を浴びてしまう<東0-2早>。続くピンチは併殺などで切り抜けたものの、5回に登板した2番手小林(2年/横浜翠嵐)もピリッとせず、2本の安打と四球などで一死満塁とし、押し出しで追加点を許す<東0-3早>。ここで3番手濵﨑(2年/鶴丸)にスイッチするも、早大・8番檜村に適時打を浴びる<東0-4早>。二塁走者も本塁を狙ったがセンター宇佐美舜(3年/桐朋)の好返球でタッチアウト。続く6回表、二死からその宇佐美がセンターオーバーの三塁打を放ち、反撃のチャンスを作るも無得点に終わる。その裏に早大・5番佐藤晋に適時打で1点追加される<東0-5早>。7回からは昨日先発の宮台(4年/湘南)がマウンドに上がるも、一死後四球で走者を出し、早大・8番檜村に左中間へ適時二塁打を浴び<東0-6早>、二死後三連続四球で押し出し<東0-7早>、さらに早大・4番加藤にノースリーから左中間スタンドへ昨日に続く満塁本塁打を浴びダメ押しを食らってしまう<東0-11早>。8回にも四球と盗塁などで二死二塁から、早大・9番柳澤に適時打を浴び4回から毎回失点を記録<東0-12早>。打線も7回以降快音が聞かれず、最後も柳澤に12個目の三振を喫し試合終了。3カード続けて2回戦は二桁失点による大敗となり、明大2回戦以来の完封負け。情けない試合が続いているが、次週の立大戦で雪辱できるか、正念場を迎えている。