早稲田が投打に圧倒し東大に連勝。今カードを制し勝ち点を獲得した。

0対0で迎えた4回裏、先頭の6番・長谷川(仙台育英)が中越三塁打で好機を演出すると、続く織原(早稲田実)の適時二塁打で1点を先制。なおも無死1,3塁から先発・柳澤(広陵)が自らのバットで追加点を挙げ2対0とする。

続く5回、押し出し四球、檜村(木更津総合)の適時打で2点を追加。6回にも佐藤晋(瀬戸内)の適時打で5対0と効果的に得点を重ね、7回には4番手・宮台(湘南)から4番・加藤(早稲田実)の満塁本塁打を含む一挙6点の猛攻で試合を決めた。

投げては柳澤が6回まで毎回奪三振を奪うなど力投。無四球2安打完封と圧巻の投球で最後まで東大打線を寄せ付けなかった。

敗れた東大は、先発の柴田(洛星)が3回まで相手打線を抑えるも中盤以降に失点を重ね、期待の宮台も相手の流れを食い止めることができなかった。