好内容の1勝を得た。前週は明大に連敗を喫し、早くもつまずいた早大。優勝に向け、今週の東大戦では連勝での勝ち点奪取が至上命題となる。そんな中、エースの小島和哉(スポ3=埼玉・浦和学院)が故障により痛い離脱。空いた第一先発に早川隆久(スポ1=千葉・木更津総合)を立て、1回戦に臨んだ。早大は序盤から好機で中軸が走者を返し大量リードを奪うと、投手陣は早川、北濱竣介(人4=石川・金沢桜丘)の二投手をつなぎ、7-4で勝利を挙げた。

1回表、早大は四球と犠打で1死二塁とすると、3番に入った岸本明也(スポ3=大阪・関大北陽)が右翼に安打を放つ。相手右翼手が処理をもたつく間に二塁走者が生還し、幸先良く1点を挙げた。さらに3回、無死一、二塁の好機から、絶好調の4番・加藤雅樹(社2=東京・早実)が、直球を力負けせず叩くと打球は風にも乗り、逆方向の左翼席へ飛び込む3点本塁打に。六大学屈指の左投手で、球威ある直球を持つ宮台康平(4年)からの一発は、点差以上の価値をチームにもたらした。一方先発マウンドに立った早川は、「前半から飛ばしていきました」とコメントしたように、初回から140キロの直球と緩いスライダーをコースに制球し、4回まで無安打無四球と完璧な内容で試合をつくる。打線は5回にも加藤と織原葵(社4=東京・早実)に適時打が生まれ、7点の大量リードを奪った。ここまで打率.100と結果を残せていなかった織原は、3回にもあわやランニング本塁打となる三塁打を放つなど、復調の兆しを見せた。

5回裏、全力投球を続けていた早川が東大5番・楠田創(4年)に初安打となる二塁打を許す。続く打者にも、詰まらせながら打球を右前に落とされ初失点。徐々に球が高く浮き始めた早川は6回にも追加点を挙げられる。7回に2三振を奪い立ち直ったかに見えたが、球数が100球を越えた8回、3本の安打で2点を失ったところで降板となった。ここまで救援のみの登板で、長いイニングを投げるための調整が難しかった中、7回2/3を投げ8安打4失点11奪三振。収穫と課題の見えた初先発となった。後を継いだ北濱が後続を2球で切って取ると、9回も相手打線を3人で退け、東大に追撃を許さなかった。

結果から見ると完勝とは言えない。しかし、内容の良さが光った。打率5割を越える加藤が主砲としての存在感を示したことを始め、打線は複数の選手が調子を上げ厚みを増している。この好調ぶりに髙橋広監督(昭52教卒=愛媛・西条)も「それぞれの役割を果たしていいバッティングをしている」と目を細めた。4失点の早川も、詰まらせながらの被安打が多かったことを振り返り、「投球術の変化で内野ゴロを打たせていく」と次戦への課題を明確に見据えている。まずはあすの2回戦を勝ち切り、勝ち点を奪取する。その先の優勝に向け、この日のような良い要素の多い試合を期待したい。

(記事 喜田村廉人、写真 大谷望桜、加藤佑紀乃)

初先発のマウンドに立つ早川