1週空いての試合となった早大1回戦は、後半に粘りを見せたものの、序盤の失点が響き惜敗となった。

東大の先発は開幕から初戦を任されている宮台(4年/湘南)。初回に走者二塁からライト前ヒットを浴び、これをライトがジャッグルする間に二塁走者が生還し先制を許す<早1-0東>。 その後四球などで満塁とされるも後続を打ち取る。2回は三者凡退に打ち取るも、3回に二塁打と死球でピンチを招くと、早大・4番加藤にレフトスタンドへ運ばれ3点を追加される<早4-0東>。 二死後左中間を破られ、ボールが転々とする間に本塁を狙われるも中継プレーで刺し、何とか追加点は許さない。 4回も三者凡退で抑えたものの、続く5回に安打とワイルドピッチで走者を二塁に背負い、再び加藤に適時二塁打を浴び<早5-0東>、 さらに四球と犠打で二死二三塁とされると、早大・7番織原に2点適時打を許し、ここで宮台はマウンドを降りる<早7-0東>。 続くピンチはリリーフの2番手小林(2年/横浜翠嵐)が無失点に切り抜ける。 何とか反撃したい打線は、早大・先発早川の前に無安打に抑えれていたが、5回裏に先頭の5番楠田(4年/桐朋)がレフト線へチーム初安打となる二塁打でチャンスを作ると、 続く6番竹中(3年/修道)がしぶとくライト前へ運び、楠田が生還してようやく1点を返し反撃開始<早7-1東>。 二死後に代打廣納(2年/茨木)が一二塁間を破るリーグ戦初安打でつなぎ、二死一二塁とするも後続が凡退。 6回表も小林が無失点に抑えると、その裏に先頭の代打辻居(2年/栄光学園)がこれもリーグ戦初安打となる内野安打と一塁悪送球で二塁に進み、 続く3番山田(4年/桐朋)がライト前へ弾き返して一三塁として、併殺の間にさらに1点を返す<早7-2東>。 7回、8回は3番手濵﨑(2年/鶴丸)が無失点に抑え、攻撃のリズムを作る。 すると、8回裏に先頭の代打新堀(2年/麻布)がショートの頭を越えるリーグ戦初安打で出塁、ワイルドピッチで二塁に進みチャンスを作ると、 二死後に3番山田が左中間を破る適時二塁打<早7-3東>、4番田口(4年/西大和学園)も左中間への適時打で続き、ここで先発の早川が降板<早7-4東>、後続はリリーフの早大・北濱に打ち取られ追加点はならず。9回は4番手川口(3年/県長野)が無失点でしのぐも、9回裏を三者凡退で試合終了。

前の2カードと同じく序盤の大量失点が響く負けとなったものの、3人の2年生にリーグ戦初安打が飛び出し、終盤に追い上げを見せるなど次戦につながる内容であった。