投打がかみ合った早稲田が先勝。早稲田・早川(木更津総合)、東大・宮台(湘南)による注目のサウスポー対決を制した。

早稲田は東大・宮台の立ち上がりを攻め、八木(早稲田実)の安打などを足がかりに1点を先制。3回、4番・加藤(早稲田実)の今季2号3ランで点差を広げると、5回には再び加藤、織原(早稲田実)の適時打で3点を追加し、一気に試合を決定づけた。

投げては、リーグ戦初先発となったルーキー・早川が8回途中4失点の好投。序盤は直球主体、中盤以降は変化球を織り交ぜながらの投球で11個の三振を奪うと、後を受けた北濱(金沢桜丘)は危なげない投球で東大打線を寄せ付けなかった。

東大は先発・宮台が4回2/3、7失点と誤算。中盤以降、小刻みに得点を重ねるが、序盤の失点が響く結果となった。