投手戦を制した法政が今季初白星。明治の連勝を4で止めた。

2回表、法政は二死から大西千(阪南大)の左前安打、鎌倉(日本文理)の中前安打で好機をつくると、続く舩曳(天理)が初球を右中間へはじき返す先制適時打を放つ。

投げては今季初先発となった長谷川(聖望学園)が緩急を巧みに使ったピッチングで6回まで被安打2に抑えるなど、7回1失点の快投。8回以降は熊谷(平塚学園)が最速148キロの直球で明治打線を寄せ付けなかった。

明治は7回、添田(作新学院)の適時打で同点に追いつくも、8回にバッテリーミスで勝ち越し点を与える。終盤も法政・熊谷の前に好機をつくれず、今季初黒星となった。