※掲載期限切れのため動画は削除しました

ヴィクトリアシリーズ第5戦、京都フローラ VS 兵庫ディオーネは、4月24日一宮市営球場で行われた。

今日の試合、ディオーネ先発ピッチャー・里のテンポ良い投球にに打線が応える形となった。

初回、ディオーネの攻撃。
1アウト一,二塁の場面で4番・太田がフローラ先発ピッチャー・植村からセンター前タイムリーヒットを放ち1点先制。

2回裏、ディオーネはまたも得点のチャンスを作る。
9番・榊原が左中間へツーベースヒット、その後、1番・厚ヶ瀬、2番・三原とフォアボールとして、2アウト満塁とする。
ここで3番・中田。しかし、惜しくもセンターフライに打ち取られ得点ならず。

続く3回裏、ディオーネは1アウト一,三塁の場面で7番・三浦。
三遊間を抜けレフト前へタイムリーを放ち、追加点で2-0とする。

4回にもディオーネは1アウト一,三塁とチャンスを作り、4番・太田がライトへ犠牲フライを放ち3-0と追加点を決める。

フローラ打線も反撃を試みるが、ディオーネ・里の打たせて取るピッチングの前に得点が奪えず。

ディオーネ・里は最終回の7回まで、完璧なピッチングでフローラ打線を66球とリーグ史上最小球数で相手打線を完封。
兵庫ディオーネは3-0で京都フローラを下し、前回対戦の雪辱を果たした。

「前回の京都フローラ VS 兵庫ディオーネの一戦はこちら!」