女子テニスのシドニー・テニス・クラシック(オーストラリア/シドニー、ハード、WTA500)は14日、シングルスの準決勝が行われ、第3シードのB・クレチコバ(チェコ)が第4シードのA・コンタベイト(エストニア)を0-6, 6-4, 7-6 (14-12)の逆転で破り、決勝進出を果たした。
>>ジョコビッチ、西岡ら全豪OP組み合わせ<<
>>大坂 なおみ 1回戦 1ポイント速報<<
第1セット、ファーストサービスが入った時のポイント獲得率が36パーセントに留まったクレチコバは1ゲームも取ることができず先行される。第2セットでは第1ゲームで3度のブレークチャンスを掴まれるも全て凌ぐと第9ゲームでブレークに成功しセットカウント1-1に追いつく。
ファイナルセット、お互いに1度ずつブレークするとタイブレークに突入。タイブレークでは5度目のマッチポイントを活かしクレチコバが2時間30分の激闘を制した。
試合後にクレチコバは「お互いに本当にタフな試合だった。私は素晴らしいテニスができたと思う。とても難しい試合だったけど、緊張をうまく抑えることができ、勝てたことが本当にうれしい」と語った。
「彼女(コンタベイト)は本当に素晴らしいテニスをしていて、とてもアグレッシブだったので本当に難しいと思っていた。私はただ1球1球を大切にプレーした。マッチポイントを握られたときは、どうやってポイントを積み重ねるか、どうやってポイントを獲るか、そればかりを考えていた」
勝利したクレチコバは決勝で第5シードのP・バドサ(スペイン)と対戦する。バドサは準決勝で世界ランク26位のD・カサトキナ(ロシア)を6-2, 6-2のストレートで下しての勝ち上がり。
[PR]全豪前哨戦!ATP250 アデレード2
1/10(月・祝)〜15(土)
WOWOWオンデマンドでライブ配信!
全豪オープンテニス
1/17(月)~30(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>