JMSCA(日本山岳・スポーツクライミング協会)は12日、2022年シーズンに開催するスポーツクライミングのジャパンカップ各大会スケジュールなどを更新し、第4回スピードジャパンカップ(SJC)を3月に京都で行うことを新たにアナウンスした。

 スピード種目における国内一決定戦かつ日本代表選考等を兼ねるSJCは、3月5日(土)もしくは6日(日)のいずれか1日間で行われる。会場は昨年と同じ「サンガスタジアム by KYOCERA グラビティリサーチ」(京都府亀岡市)。第2回スピードユース日本選手権も同時開催される。

 2月に千葉県印西市で予定されている第35回リードジャパンカップについては、日程が当初の3日間から2日間(2月12、13日の土日開催)へと変更された。国内開幕戦である第17回ボルダリングジャパンカップ(2月5、6日/三重県四日市市)は大会特設サイトがオープン。現時点では有観客を想定しており、観戦には新型コロナウイルスのワクチン接種証明または陰性証明が必要となる。観戦チケット等の詳細は今後発表される。

<2022シーズン ジャパンカップスケジュール>

【第17回ボルダリングジャパンカップ】
日程:2月5日(土)~ 6日(日)
会場:四日市ドーム(三重県四日市市)

【第35回リードジャパンカップ】
日程:2月12日(土)~ 13日(日)
会場:松山下公園総合体育館(千葉県印西市)

【第4回スピードジャパンカップ】
日程:3月5日(土)もしくは6日(日)
会場:サンガスタジアム by KYOCERA グラビティリサーチ(京都府亀岡市)
※同時開催:第2回スピードユース日本選手権

CREDITS

編集部 /

写真

窪田亮

※当サイト内の記事・テキスト・写真・画像等の無断転載・無断使用を禁じます。