慶應が快勝で今カードの対戦成績を1勝1敗1分とした。

打線は4回表、4番・岩見(比叡山)が安打を放つと、5番・郡司(仙台育英)、6番・清水翔(桐蔭学園)の連続適時打など、この回打者一巡の猛攻で5点を先制する。その後、7回には郡司が今季2号となるソロを放ち、6対0とさらにリードを広げた。

投げては先発・関根(都立城東)が7回途中9奪三振無失点の好投。救援陣が9回に1点を失ったが、リードを守り逃げ切った。

投打がかみ合って勝利した慶應は、この勢いのまま連勝で勝ち点を狙う。
敗れた立教は、先発・田中誠(大阪桐蔭)が3回までに5三振を奪うなど慶應打線を封じ込めていたが、4回に突如崩れ打ち込まれた。打線も9回に意地を見せ1点を返すも、あと一本が出ず痛い敗戦。明日は立て直し、勝ち点獲得を目指したい。