前日の試合を引き分けで終え、勝ち点獲得への望みをつないだ立大。先発は法大2回戦で完投を果たした手塚(コ2=福島)だ。試合は2回に寺山(社3=神戸国際大附)の適時打で1点を先制。5回に2失点を喫し逆転を許すも、続く6回に山根(営4=浦和学院)の放った2号本塁打で2点を返し、再びリードを奪った。8回には内野安打で出塁した飯迫(社3=神戸国際大附)を、笠井(済2=桐蔭学園)の適時二塁打で返し追加点。投手陣の連携も相まって、4-2で勝利した。

立大は初回、ここまで打率4割という好成績を誇っていた4番・笠松(コ4=大阪桐蔭)が、自打球で足を負傷し途中交代という波乱の幕開け。だが2回、二死の場面で藤野(営2=川越東)が内野安打を放ち出塁。続く笠井の右前安打や手塚の四球により、満塁のチャンスが訪れる。ここで打席に立つのは1番・寺山。今季安定した成績を残している彼が左前安打を放ち、打線をつなげ待望の先制点を奪った。

しかし5回、ここまでを無失点に抑えてきた手塚が相手打線につかまる。倉田(4年=浜松西)の中前安打を皮切りに、苦しい展開に持ち込まれた。大東(社4=長良)の失策もあり、立大はこの回2失点を喫してしまう。ここでマウンドを降りた手塚。代わった中村(コ3=聖望学園)が後を封じ、二死1、2塁のピンチをしのいだ。

これ以上の失点は何としても防ぎたい立大は、6回に副将・藤田(営4=県岐阜商)を送り込む。後輩たちの力投を引き継ぐかのごとく、今季初登板となるこの回を無失点に抑えた。

6回裏、先頭打者の大東が右中間に二塁打を放ち、5回でのミスを挽回するチャンスを作る。続く飯迫がバントで3塁まで進めると、打席には山根。高めの直球を弾き、打球は右翼手の頭上を越えスタンドへ。法大1回戦に続き、今季2本目の本塁打を放った。2点を追加し再び逆転した立大。7回も藤田が三者凡退に抑え、投手陣の軸としての意地を見せつけた。

続く8回、先頭打者・飯迫が遊撃内野安打で出塁に成功する。後が続かなかったものの、8番・笠井が中前適時二塁打を放ち、ダメ押しの追加点。その後ルーキー中川(コ1=桐光学園)が完璧な投球で締め、4-2で白星を飾った。

前日ふるわなかった打線もこの試合では好調。主砲の穴を他のメンバーが埋め、投手陣もそれぞれが役割を果たすなど、チーム一丸となって勝利を掴んだ。この試合で勝ち投手となった藤田も、「みんなのおかげで勝てた」と語る。「戮力同心」というスローガン通り、全員野球を展開した立大。勝ち点獲得に向け、この勢いのまま明日の試合に挑む。

(4月23日 久保田美桜)

◆コメント◆​
2安打の活躍を見せた主将・熊谷#10
「勝ててほっとしています。ミスから逆転されたのですが、ミスが出るのは仕方ないと切り替えて、まずは追いつくことを考えていました。そうしたら意外とホームランという形で2点も入ったので、出来すぎかなと思います。ホームランの瞬間は全員で喜びました。明日は相手も倒しに来ると思うので、その気迫に負けないように自分たちの野球で戦っていきたいと思います。チームはけが人が多いですが絶好調です。明日はまだ誰が出るかわからないですけど、チーム一丸で戦っていきたいと思います。」

今試合勝ち投手となった藤田#18
「前半から中盤にかけて手塚(コ2=福島)がしっかり踏ん張ってくれて、打撃でも先制点を取ったりして良い流れで来ていたと思います。中盤苦しい展開でしたが、山根(営4=浦和学院)の1本や笠井(済2=桐蔭学園)のタイムリーなど、しぶとさの中で全員が一つになって勝てたと思います。今季初登板でしたが、今まで他の投手陣に迷惑をかけてきたので、ここは自分がしっかり抑えようという思いでした。久しぶりの投球だったので、投げ方が普段と違ってしまったのですが、まだまだ良い球は投げられるのではないかなという感じです。明日は勝ちに行くつもりで、みんなで全力で頑張りたいと思います。」

2点本塁打を放った山根#1
「ホームランの場面は簡単に追い込まれたので焦ったのですが、最低でも外野フライを打って同点にすることだけを考えていて、まさか入るとは思わなかったのでびっくりしました。今日の試合前監督に、ボールをよく見ようとして打ちにいけなかった点を指摘されて気持ちが楽になり、結果を気にせず打ちにいこうと思いました。「打ちたいと思ってタイミングが遅くなっている」とも言われたので、練習ではそれを意識していました。チームの雰囲気はすごく良いです。笠松(コ4=大阪桐蔭)が初回でケガをして、変わった後の大東(社4=長良)がチャンスを作ってベンチの選手がいつでもいけるようにしてくれて、それが勝ちにつながったと思います。今季は試合を決めるホームランを打ったりしていて、自分でもちょっと怖いです。でもラッキーというか、いい場面で回ってきて三振したりもしましたが、もっと大事な優勝が懸かった打席などで打てるのが一番いいと思うので、一喜一憂せずに同じような場面が来たら集中して打てるようにしたいです。」

8回に適時二塁打を放った笠井#6
「6回に自分のミスでピンチを招いて打たれてしまったので、どうにかしたいなと思っていました。タイムリーを打った時も、1点差だと最終回の守りがきついので、どうしても1点を取りたいと思っていて、良いところに落ちてくれたので良かったです。自分のミスで負けそうだったので、点差を広げてチームを楽にできたのでうれしかったです。ここまで負けなしでチームとしてもいい状態だと思うので、峯本さん(コ3=大阪桐蔭)の穴を埋められるように明日からも頑張りたいです。」