異種格闘技戦が期待されているフロイド・メイウェザーとコナー・マクレガー。ふたりの対戦は実現するのか。元ボクシング世界王者のカール・フローチが注目の対決を語った。

ボクシング元世界5階級王者で49戦無敗のまま引退したメイウェザー。対するマクレガーは現UFCライト級王者。ボクシングと総合格闘技の頂上対決は長く話題を集めてきた。だがフローチは「対戦するわけがない。下らない」と実現の可能性を否定する。

ボクシング技術に定評あるマクレガーだが、それでもボクシングルールならメイウェザーが圧倒的に有利との見方も示した。

「メイウェザーは地球上で最高の格闘家のひとりだ。だが彼はボクサーだ。マクレガーは違う。万が一ふたりがUFCのリングで戦うなら、良い勝負になるだろう。見てみたいと思うよ。メイウェザーにもチャンスがあるからね。彼はジャブがうまく俊敏で守備も鉄壁だ。マクレガーのやり方は通用しないだろう。だがマクレガーがメイウェザーの土俵に上がるのは無理だ」

メイウェザーの技術力はトップレベルのボクサーや格闘家と比較しても、飛び抜けていると断言したフローチ。それをリング上で証明する日は訪れるのか。

コナー・マクレガーがUFC202でネイト・ディアスが対戦(2016年8月20日)(c) Getty Images

コナー・マクレガーがUFC202でネイト・ディアスが対戦(2016年8月20日)(c) Getty Images