4回裏2死満塁のピンチを凌いでベンチに下がる明大・森下暢(左)

★明大の先発・森下暢が8回途中2失点
☆明治大vs早稲田大2回戦
明治大  001 002 000=3
早稲田大 000 000 020=2
【明】〇森下暢、石毛、齊藤—清水風
【早】●柳澤、大竹、早川—岸本

 王者・明大が先勝して迎えた早明戦第2ラウンド。明大は期待の2年生右腕の森下暢仁(2年・大分商)が今季初登板。対する早大は前回9日の法大戦で8回3失点の好投で勝ち投手となった柳澤一輝(4年・広陵)が先発マウンドに上った。
 2回まではともに走者を3塁に進めながら無得点だったが、3回表に明大が3番・逢澤崚介(3年・関西)のタイムリー3塁打で1点を先制。この1点で「楽に投げることができた」という先発の森下は、第1週の東大戦をインフルエンザで回避した影響も感じさせずに力強いストレートを軸に5回まで2安打無失点。打線は6回表、逢沢のヒットの後に越智達矢(3年・丹原)のエンドランも決まって無死1、3塁とすると、5番・平塚大賀(3年・春日部共栄)のタイムリーで1点。さらに1死2、3塁から河野祐斗(4年・鳴門)にもタイムリーが飛び出し、リードを3点に広げた。
 援護をもらった明大・森下は、8回裏に2死1、2塁から早大の4番・加藤雅樹(2年・早稲田実)にタイムリーを許してマウンドを降りたが、自己最速を更新する149キロを計測した中で、7回2/3を7安打2失点7奪三振でリーグ戦初勝利。「次に繋がる今日だったかなと思う」と笑顔で試合を振り返った。

8回裏に早大・加藤が追撃のタイムリーを放ったが…

これで明大は早大に2連勝して勝ち点を奪取。敗れた早大は8回無死1、2塁から送りバント失敗の後、加藤に続いて岸本朋也(3年・関大北陽)がライト前へタイムリーを放ったが、明大の右翼手・越智の好送球の前に三塁タッチアウト。6回、9回と無死から走者を併殺打で潰すなど、拙攻が響いてあと一歩届かなかった。

◎明治大・善波達也監督
「森下がしっかりゲームを作ってくれた。去年はアクシデント(右肘骨折)がありましたけど、骨折がマイナスにならないように体力を付けながら、7回までは投げられるピッチャーになりましたね。このまま力を付けて行くと明治のエースになって行くピッチャーになれる。(開幕4連勝に)昨日も今日も何とか1点差で凌げた。この勝ちが新チームのひとつの力になってくれればと思います」
◎森下暢仁投手(2年・大分商)
「球が走っていたし、変化球でカウントも取れた。序盤に先制してもらって楽に投げることができました。(インフルエンザで回避した)東大戦の後が空き週だったので、そこでうまく調整できた。次に繋がる今日だったかなと思う。ここぞという場面で自分の力を発揮できる投手になって、もっと上のレベルで戦いたい」