立大の先発・手塚は5回途中2失点で降板

★「まさか入るとは思わなかった」(山根)
☆慶應義塾大vs立教大2回戦
慶應義塾大 000 020 000=2
立教大   010 002 01×=4
【慶】髙橋佑、土井、佐藤—郡司
【立】手塚、中村、藤田、中川—藤野
本塁打:立教大・山根《6回2ラン》

 前日の引き分け終了から仕切り直しで迎えた2回戦。眩しい太陽の下、慶大は左腕・髙橋佑樹(2年・川越東)、立大は右腕・手塚周(2年・福島)がマウンドに上り、2年生同士の投げ合いで試合が始まった。
 試合が動いたのは2回裏。立大が2死からヒット2本と四球で2死満塁として、1番・寺山寛人(3年・神戸国際大附)が三遊間を破るレフト前へのタイムリーヒット。前日に続いて立大が先制点を奪った。
前回16日の法大戦で4安打2失点の完投勝利を収めた立大・手塚。この日も4回まで無失点に抑えたが、5回に捕まる。5回表、慶大は7番・倉田直幸(4年・浜松西)のヒットからチャンスを作って、代打・小原和樹(2年・盛岡三)が同点タイムリー。さらに2死1、3塁から3番・柳町達(2年・慶應)がライト前に弾き返して逆転に成功した。
しかし、6回裏だった。途中出場の大東孝輔が右中間を破る2塁打を放つと、犠打で1死3塁。ここで打席に入った6番・山根佑太(4年・浦和学院)が「まさか入るとは思わなかった。犠牲フライだと思った」とライトポール際のスタンドへ飛び込む値千金の逆転2ラン。先週15日の法大戦の9回裏2死から自身公式戦初本塁打となる劇的な同点弾をマークした男が、2週連続でチームを救う貴重なアーチを放った。

6回裏、立大・山根がライトへ逆転2ランを放つ=神宮球場

 その後、立大は8回にも笠井皓介(2年・桐蔭学園)のタイムリーで貴重な追加点を奪うと、5回途中から中村碧聖(3年・聖望学園)、藤田凌司(4年・県岐阜商)、中川颯(1年・桐光学園)のリリーフ陣が無失点リレー。4番の笠松悠哉(4年・大阪桐蔭)が自打球で途中交代するアクシデントも「一人に頼らないチームを作ってきたつもり」(溝口智成監督)と選手全員でカバーし、明日24日の3回戦へ繋がる大きな勝利を手にした。

◎立教大・溝口智成監督
「ミスも出たし、中盤にいい形でひっくり返されて、なかなか厳しかったですけど、ゲーム運びとしてはいい感じだった。(負傷交代の笠松は)大事には至ってないが、明日(の出場)はどうか分からない。4番が抜けるのは痛いですけど、全員でやって行くしかない。(逆転本塁打の山根は)まさかホームランが出るとは。いいところで打ってくれた。この前もそうですけど、今日もある意味起死回生ですからね。元々、力はあるので、どう思い切りよく振るか。よくやってくれました」

◎立教大・山根佑太外野手(4年・浦和学院)
「(本塁打の打席は)簡単に追い込まれたので少し焦ったんですけど、最低でも外野フライで同点にしようと思って、ただそれだけを考えていました。前回のホームランの後からずっと打てなかったけど、監督さんがずっと使ってくれて、今日の試合前にも『打てていないけど迷わずに打ちに行け』と言われて少し気持ちが楽になった。まさか入るとは思わなかった。一喜一憂せずに、また同じような場面が来たら集中して打てるようにしたい」