立教が僅差での試合を制し今カード先勝。

打線は2回、2死2,3塁から寺山(神戸国際大附)の適時打で1点を先制。5回に逆転を許すも、6回に山根(浦和学院)の逆転2点本塁打で3対2とし再びリードを奪う。

前回登板で9回完投の先発・手塚(福島)は5回に逆転を許すも、逆転直後の7回から登板の3番手・藤田(県岐阜商)は3者連続三振で相手に流れを渡さず、8回から登板の4番手・中川(桐光学園)も2イニングスを無失点に抑えるなど救援陣の力投でリードを守り切った。

慶應は5回1死2塁から代打・小原の適時打で同点に追いつき、柳町の適時打で2対1と勝ち越しに成功するも、6回に2番手・土井が立教打線につかまった。

次戦は連勝で立教が勝ち点を取るか、慶應がここから巻き返すか。勝ち点差1で明治を追いかける両チームとしては共に負けられない1戦となる。