大分工は春高バレー大分県大会の決勝で、別府鶴見丘にセットカウント3-1で競り勝ち全国大会出場を決めた。
前大会フルセットの末に敗れた舞台で1点を争う激戦を制し、復活を遂げた古豪が東京で躍動する。

スタメン出場が予想される6人の平均身長は177cmと決して高くはない。
しかし攻撃的なスタイルを貫き、現チームで県内負けなしの実績を築いてきた。

注目は右利きのアウトサイドヒッター・甲斐優作と、左利きのミドルブロッカー・草野好貴。
ともに3年生の"左右のエース"は、ここぞの場面で力強いスパイクを打ち込むことができる度胸が魅力だ。コートで上げる雄叫びにも注目したい。

円陣でも声に出すスローガン「GO!GO!GO!」を体現し、チーム全員が闘志をむき出しに戦う大分工。
6年ぶり30回目の出場となる古豪は存在感を示すことができるか。

 

大分工の春高出場決定の瞬間はこちら!
都道府県大会の見逃し動画はこちら!