両投手陣が互いに譲らず、試合は引き分け。

立教は初回、慶應の先発・関根(都立城東)の立ち上がりを攻めて幸先よく先制に成功すると、3回にも内野ゴロの間に1点を加点。投げては、先発・田中誠(大阪桐蔭)は5回までノーヒットと完ぺきな投球を見せる。

田中誠の前に沈黙していた慶應打線だったが、5回、郡司(仙台育英)のチーム初ヒットで息を吹き返すと、倉田(浜松西)、天野(智弁和歌山)の適時打で同点とする。6回からマウンドに上がった髙橋亮(慶應湘南藤沢)は大きく変化するフォークを武器に立教打線を封じ込め、4回被安打0奪三振5の好投。

9回裏、慶應はルーキー・中川(桐光学園)から1アウト満塁のチャンスをつくるも、あと一本が出ず、試合は規定により9回引き分けとなった。