接戦を制した明治が開幕3連勝。

初回4点のビハインドを背負うも、2回に押し出しの四球で1点を返すと、続く渡辺佳(横浜)が適時打を放ち2点差まで追い上げる。5回に再び1点を返されるもその裏、河野(鳴門)の適時三塁打で2点を返し、宮崎(履正社)の適時打でついに同点に追いつく。そして迎えた7回、前の打席で適時打を放った河野のソロ本塁打で6対5とし、この試合初めてリードを奪う。

投げては初回からリリーフ登板も最後まで投げぬいた2番手・斎藤(桐蔭学園)が相手打線を1失点に抑える好投を見せた。

早稲田は初回に岸本(関大北陽)・長谷川(仙台育英)・織原(早稲田実)の3者連続適時打で初回に4点を先制するなど序盤からペースを握るも、先発の小島(浦和学院)が制球に苦しみ、後を受けた清水(宮崎大宮)・大竹(濟々黌)も明治打線を抑えることはできなかった。

鮮やかな逆転勝利を決め、2カード連続の勝ち点を狙う明治。早稲田はここから連勝で巻き返すことができるか。