高崎健康福祉大高崎は群馬県大会決勝で、大会3連覇中の強敵・西邑楽と対決。接戦を制して2-1で勝利し、6年ぶり5回目となる悲願の全国切符を掴んだ。

2年生がチームの主力を担い、勢いがある。打点の高さが売りのアウトサイドヒッター竹内優生ら攻撃陣の層が厚く、拮抗する場面で流れを呼ぶ力強さがある。

6年ぶりとなるオレンジコート。チャレンジャー精神で“健大バレー”に新たな歴史を刻みたい。

 

高崎健康福祉大高崎の春高予選優勝の瞬間はこちら!
都道府県大会の見逃し動画はこちら!