プロボクサーの井上尚弥(大橋ジム)が4月17日、インスタグラムを更新。5度目の防衛戦を控え、静岡県・熱海で合宿がスタートしたことを報告している。

WBOスーパーフライ級王者の井上は5月21日、東京・有明コロシアムで同級2位のリカルド・ロドリゲス(米国)との防衛戦に臨む。

「試合まで1ヶ月と少し怪我なく頑張ろう!!」と熱海の風景写真を添え、意気込む井上。

次の投稿では、「今日は雨だから室内でフィジカル。。」と井上は体幹トレーニングする写真を掲載。初日はあいにくの雨で室内練習となったが、翌日18日からメインの砂浜でのトレーニングがスタートするそうだ。

ファンからは、「トレーニングの1つ1つが尚弥さんになる大切な練習なんですね!」「尚の真剣な顔めっちゃ好き!「砂浜ダッシュ頑張ってください!次も勝利を期待してます!」「世界戦めっちゃ楽しみに致しております!」「尚弥くん!頑張って!応援パワ-送ります!」など激励のコメントが多く寄せられていた。

また、井上の世界戦と同日、IBF世界ライトフライ級王者の八重樫東は、同級暫定王者のミラン・メリン(フィリピン)と3度目の防衛戦に挑み、ダブル世界戦となる。

井上尚弥、河野公平にTKO勝利(2016年12月30日)(c) getty images

井上尚弥、河野公平にTKO勝利(2016年12月30日)(c) getty images

WBO王者・井上尚弥「ゴンサレスが有利」…ゴロフキン&ロマゴン最強王者ダブル世界戦

WBO王者・井上尚弥「ゴンサレスが有利」…ゴロフキン&ロマゴン最強王者ダブル世界戦

WBO王者・井上尚弥「ゴンサレスが有利」…ゴロフキン&ロマゴン最強王者ダブル世界戦

WBO王者・井上尚弥「ゴンサレスが有利」…ゴロフキン&ロマゴン最強王者ダブル世界戦

八重樫東 参考画像(c)Getty Images

八重樫東 参考画像(c)Getty Images