フレッシュリーグに引き続き同カードで行われた慶大1回戦は、前の試合のムードそのままに序盤に大差をつけられ勝負あり。先発の宮台(4年/湘南)が先週同様、制球難で2回途中で降板。一方で打線は毎回走者を出し、安打数でも慶大を上回った。後半の追い上げが明日に繋がると期待したい。 1回裏、1死2塁から慶大・3番柳町にフェンス直撃の適時二塁打、続く4番岩見にレフトスタンドへ特大ホームランを浴び、いきなり3点を先制される<東0-3慶>。2回裏、無死から3者連続で四球を与えたところで宮台は降板。2番手濱崎(2年/鶴丸)にスイッチするも、捕逸、3番柳町、5番郡司に適時打を浴びさらに3点を失う<東0-6慶>。3回裏は2死2塁からファーストゴロを一塁に悪送球し、さらに1失点<東0-7慶>。4回裏は3番手川口(3年/県長野)が無失点に抑えて流れを立て直すと、続く5回表、先頭の8番杉本(3年/金沢泉丘)が2打席連続の安打で出塁、盗塁などで3塁まで進むと、2死後2番山田(4年/桐朋)がライトへ適時打を放ちようやく1点を返す<東1-7慶>。その裏に慶大・1番天野にレフトスタンドへ運ばれ再び7点差に<東1-8慶>。反撃したい打線は6回表、相手投手の交代に乗じて2死満塁としワイルドピッチを誘って1点、さらに満塁から1番宇佐美(3年/桐朋)がライトへ2点適時打を放ち4点差まで迫る<東4-8慶>。しかしその裏に4番手柴田(4年/洛星)が適時打で1失点で再び5点差に<東4-9慶>。その後は9回に内野ゴロの間に1点を加えるに止まり試合終了<東5-9慶>。与四死球13を改善し、次戦こそ接戦に持ち込みたい。