立教が投手戦を制し、2連勝で勝ち点1をあげた。

打線は初回、1番・寺山のヒットなどで二死一二塁の好機を演出すると、4番・笠松(大阪桐蔭)の適時打で1点を先制する。続く2回裏には2番・峯本(大阪桐蔭)の適時打で、2対0と序盤から試合の主導権を握る。笠松は4回に守備で好プレーを見せるなど、攻守にわたる活躍。

投げては先発・田中誠(大阪桐蔭)が安定した投球で、9回を投げ切り6奪三振1安打無失点と法政打線に付け入る隙を与えない投球で圧巻の完封勝利。

敗れた法政は、先発・熊谷(平塚学園)が乱調で3回途中で降板となるも、2番手・長谷川(聖望学園)が5回2/3を1安打無失点と立教打線を完璧に封じこめた。