◆Vリーグ男子 ▽ ジェイテクトSTINGS vs. ウルフドッグス名古屋 2021年12月5日
アミノバリューホール(徳島県・鳴門市)

ウルフドッグス名古屋がジェイテクトSTINGSとのフルセットの接戦を制して、勝利を収めた。

第1セット、第2セットはジェイテクトが連取する。要所で光ったのは宮浦のサーブとスパイク。加えてフェリペ、都築らもリズムよく得点し、勝利を手繰り寄せたかのように見えた。
しかし激しい競り合いとなった第3セット終盤、名古屋がクレクや傳田のスパイクで抜け出してセットを奪い返す。
名古屋は続く第4セットもクレクを中心に攻撃を展開してセットカウントを2-2とすると、勢いのままに第5セットを取り切った。

土曜を挟んでの同一カードで2連勝を収めた名古屋。4位で年内のゲームを終え、上位を虎視眈々と狙う。

【スコア詳細】
ジェイテクトSTINGS 2-3 ウルフドッグス名古屋
第1セット(25-22)、第2セット(25-17)、第3セット(21-25)、第4セット(20-25)、第5セット(9-15)