慶應打線が東大投手陣を打ち崩し、大量11得点。2連勝で勝ち点を獲得した。

慶應は2回表、4番・岩見(比叡山)の2試合連続となる特大HRで先制すると、3回には5番・郡司(仙台育英)に今季1号の3ランが飛び出し、この回までに5得点。4回にも、清水(桐蔭学園)の走者一掃となる適時二塁打などで5点を加え、東大を突き放した。

投げては先発・髙橋佑(川越東)が5回2失点。2番手以降は髙橋亮(慶應湘南藤沢)、土井(慶應)、佐藤(大館鳳鳴)、菊地(慶應志木)と小刻みな継投で東大打線に的を絞らせない。

東大は4回途中から宮台(湘南)が登板。毎回のように走者を許すも、5回2/3を失点1(自責0)と粘りの投球を見せる。しかし、打線の援護は無く、勝ちには繋がらなかった。

慶應は2連勝で勝ち点を獲得。次週は立教と対戦する。