これほど「粗削り」からほど遠い20歳など、過去にいただろうか──。

 試合中、何度もそう思ってしまった。大阪ガス(大阪市)の若きエース・河野佳(かわの・けい)のことだ。



都市対抗の伏木海陸運送戦で完封勝利を挙げた大阪ガス・河野佳

 広島・広陵高から入社して2年目。8月23日に誕生日を迎え、20歳になったばかりの右腕である。

 12月2日、都市対抗野球大会の初戦・伏木海陸運送戦に先発した河野は、9回を投げて二塁を踏ませない快投で4安打完封勝利を挙げた。

 20歳らしい初々しさ、若々しさなどない。圧倒するようなボールがあるわけでもない。与えた四死球はゼロ。1球1球、丁寧にコースに投げ込む姿は、まるで社会人野球の厳しい世界で何年も戦っているような風格があった。

 河野にはすでに立派な勲章もある。今夏に開催された社会人日本選手権で4試合に登板し、3勝をマークして優勝に貢献。19イニング無失点の成績で、大会MVPに輝いた。2022年のドラフト上位候補に挙がるのは間違いないだろう。

 今年20歳ということは、佐々木朗希(ロッテ)、奥川恭伸(ヤクルト)、宮城大弥(オリックス)らプロ球界で続々と台頭している有望株と同世代になる。河野は彼らと立つステージこそ異なるが、先行するトップランナーの背中を追うような躍進ぶりだ。

 河野は高校時代に春のセンバツに出場し、大会後には佐々木らとともにU−18代表候補の研修合宿に参加している。

 高校時代の河野で思い出されるシーンがある。センバツ初戦の八戸学院光星戦。河野は八戸学院光星の3番打者・武岡龍世(現ヤクルト)に対して、勝負所で執拗にインコースを突いた。2対0とリードした8回表二死二、三塁のピンチでは、141キロのストレートで武岡のインコースを突き、力ないショートフライに打ち取っている。

 試合後、武岡は「最後はインコースにくるとわかっていたんですけど、想像以上に河野くんのボールのキレがよくて、対応できませんでした」と語っている。大事な場面で危険なゾーンへと投げ切れる河野の勝負強さと、制球力の高さを物語るシーンだった。

 だが、河野が高校時代から好投手だと知っていても、わずか2年間でこれだけ進化することを予期できた人間などいなかったのではないだろうか。

 とくに大阪ガス入社後に進境著しいのはコントロールだ。河野は身長176センチ、体重80キロと体格的に恵まれているわけではなく、セットポジションからオーソドックスな投球フォームで投げ込む。一見すると「怖さがない」と評されてしまいそうだが、河野には際どいコースをピンポイントで突けるだけの制球力がある。

 社会人でコントロールのコツをつかんだのだろうか。試合後のリモート会見で河野に聞いてみると、こんな答えが返ってきた。

「細かく狙うのではなく、高低は意識せずにラインだけ意識しています。真ん中に入れないようにすればいいというくらいで、無駄な考えがなくなってからラクに投げられるようになりました。入社して最初は全然その感覚ができなかったんですが、YouTubeの動画を見たりして『この感覚いいな』と自分に当てはまったものが見つかってからコントロールできるようになってきました」

 ストレートだけでなく、カットボールやフォークなどの変化球もコースにきっちりと投げ分けられれば、社会人レベルでも河野を攻略するのは難しい。

 一方、ひねくれた見方をすれば、あまりに完成されすぎてスケールがないとも言える。だが、大阪ガスの前田孝介監督は期待を込めて「もうひと伸び成長してもらいたい」と語る。大事な大会前だからといって軽い調整に抑えるのではなく、河野の場合は年間通してスキルアップのためのトレーニングを継続している。

 そして何よりも、河野のなかに「もっとレベルアップしていかないと」という強い向上心がある。

「細かいコントロールや変化球の精度を高めようとやってきています」

 大阪ガスの次戦は12月5日、社会人屈指の強打線を擁するJFE東日本(千葉市)との対戦になる。実績のある投手を多数擁する大阪ガスだけに河野の登板があるかはわからないが、勝負所ではこの20歳の力が必要になるだろう。

 社会人の頂点を極めるため、そしてドラフト解禁となる来年に向けて。河野佳は現状維持ではなく、常に進化を目指していく。