中盤に逆転した立教がリーグ戦初白星。先発・手塚(福島)が9回完投勝利を挙げた。

立教は1点を追う4回表、相手のエラーから掴んだ好機を生かし、5番・飯迫(神戸国際大附)の適時打で同点とすると、続く5回に松崎(横浜)、飯迫の適時打などで3点を追加する。

投げては先発・手塚が尻上がりに調子を上げ、伸びのある直球と落ちる変化球を武器に9回2失点被安打4の快投。リーグ戦自身2勝目を挙げた。

法政は6回以降、長谷川(聖望学園)、落合(常葉菊川)の救援陣が踏ん張りを見せるも、打線が奮起せず。9回に小林(中京大中京)の一発で反撃するも、あと一歩及ばなかった。

勝った立教は明日の試合で勝ち点獲得を狙う。一方、未だ白星のない法政は明日の試合に勝利し、4回戦に持ち込みたい。