序盤から猛攻を見せた慶應が9対5と大勝。春のリーグ戦好スタートを切った。

1回表、慶應は3番・柳町(慶應)の適時三塁打、4番・岩見(比叡山)のリーグ戦通算10号となる2ランで3点を先制。続く2回も柳町、郡司(仙台育英)の適時打で3点を追加する。その後も天野(智辯和歌山)の本塁打など、小刻みに得点を重ねて、東大を突き放した。

投げては先発の1年生右腕・関根(城東)が5回無失点の好投。6回以降は伊藤佑(倉吉東)、内村(慶應)、菊地(慶應志木)の継投で逃げ切った。

東大は先発・宮台(湘南)が2回途中6失点と乱調。5回以降、山田(桐朋)、宇佐美(桐朋)の適時打などで追い上げを見せるも、序盤の失点が響き、勝ちに繋げることができなかった。