コナミスポーツクラブは、平成28年度JOCスポーツ賞「トップアスリートサポート賞(最優秀団体賞)」を受賞した。

JOCスポーツ賞は、オリンピック・ムーブメントの推進、スポーツ各分野で優れた成果を挙げた者を讃えることを目的に日本オリンピック委員会が制定した賞だ。トップアスリートサポート賞は、選手、指導者を取り巻く環境の整備を行い、その活動をサポートすることで国際競技力の向上に尽力するなど、日本の選手強化の基盤を支える活動を行った企業・学校などに授与される。

同社は、昨年行われたリオデジャネイロオリンピックの体操団体総合で金メダルを獲得したコナミスポーツ体操競技部の山室光史、田中佑典、加藤凌平、体操男子日本代表チームのコーチを務めた加藤裕之、森泉貴博へ行った支援が評価され、トップアスリートサポート賞を受賞した。

水泳競技部と体操競技部の選手をサポートし、選手の競技活動と就労の両立を可能にする環境の整備を進めてきた同社は、今後も世界で活躍する選手の育成、スポーツの普及、発展に貢献していく。

コナミスポーツクラブ、トップアスリートサポート賞受賞

コナミスポーツクラブ、トップアスリートサポート賞受賞

コナミスポーツクラブ、トップアスリートサポート賞受賞

コナミスポーツクラブ、トップアスリートサポート賞受賞

コナミスポーツクラブ、トップアスリートサポート賞受賞

コナミスポーツクラブ、トップアスリートサポート賞受賞

コナミスポーツクラブ、トップアスリートサポート賞受賞

コナミスポーツクラブ、トップアスリートサポート賞受賞