ブルズ戦勝利の余韻に浸るまもなくニュージーランド遠征に出発した日本のサンウルブズは、クライストチャーチ(AMIスタジアム)で14日、最多7回の優勝を誇る元チャンピオンのクルセイダーズと初対戦し、スーパーラグビーのレベルの高さを改めて思い知らされた。8トライを奪われ、3-50と完敗。雨によるコンディション不良も持ち味を出せなかった原因のひとつだろうが、サンウルブズは自慢のスクラムで圧倒され、ラインアウトも安定せず、連係プレーにもミスが出て苦汁をなめた。

 立ち上がりの10分、テリトリー支配92%、ポゼッション62%のクルセイダーズに対して辛抱強くディフェンスしていたサンウルブズだったが、前半11分、クルセイダーズは敵陣深くのラインアウトからFWがパワープレーで攻め込み、今季初出場のオールブラックス主将でもあるNO8キアラン・リードが先制した。クルセイダーズはFWのフィジカルを活かし、23分に追加点。

 その後、クルセイダーズにイエローカードが出て、数的有利となったサンウルブズは26分、SO田村優がPGで3点を入れたものの、得点したのはこのシーンだけだった。

 ウェットコンディションながら、スキルの高いクルセイダーズはミスが少なく、28分にはFLピート・サムーの鮮やかなオフロードパスを受けたWTBマナサ・マタエレがゴールに持ち込み、リードを広げた。ボールを支配し続けるNZの試合巧者はさらに31分、キック&チェイスでプレッシャーをかけるとターンオーバーしてたたみかけ、マタエレが連続トライ。37分にはハイパント確保からのカウンターでボールをつなぎ、マタエレがハットトリックを達成した。

 後半もゲームの流れが変わることはなく、クルセイダーズはさらに3トライを追加して、スーパーラグビー最多出場記録更新(通算176試合出場)となったPRワイアット・クロケットの記念ゲームを勝利で飾り、開幕から7連勝で勝点を31に伸ばした。

 1勝6敗(勝点5)となったサンウルブズのニュージーランド遠征は続き、次週は同国最南端に位置するインバーカーゴで、2015年大会王者のハイランダーズに挑む。