国内メジャー・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ第2R

 女子ゴルフの今季最終戦、国内メジャー・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(宮崎CC、6543ヤード、パー72)は26日、第2ラウンド(R)が行われている。25位で出た前年優勝の原英莉花(日本通運)は、出だし1番パー4でいきなりバーディー発進。見事にピンそばにつけた実際の映像を日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)公式ツイッターが公開している。

 初日は2オーバーだった原。巻き返しへいきなりバーディーを奪った。白のロングシャツにグレーのスカート姿でラウンド。観客が見守る中、1番パー4の第2打でしっかり振り抜き、ピン右へ見事に寄せた。

 バーディーパットも落ち着いて沈め、ギャラリーからは拍手。ボールをカップから拾い上げ、右手を軽くあげて応援に応えた。原は昨年、この大会で優勝して国内メジャー2連勝を達成。約1年間優勝から遠ざかっていたが、前週の大王製紙エリエールレディスで涙の優勝を果たした。(THE ANSWER編集部)