男子テニスの国別対抗戦デビスカップ by Rakuten ファイナルズ2021(スペイン/オーストリア/イタリア共同開催)は25日、グループDの試合が行われ、クロアチアがオーストラリアを3-0で破って白星を上げた。
>>【YouTube】新作ラケット3機種を茶圓プロが打ち比べインプレ、黒塗りデモ版ラケットの正体が明らかに!開発までの苦悩とは<<
この対決の2試合目には世界ランク30位のM・チリッチ(クロアチア)と同34位のA・デ ミノー(オーストラリア)が対戦しチリッチが6-1, 5-7, 6-4のフルセットで勝利を収めた。
第1セット、ファーストサービスが入った時に100パーセントの確率でポイントを獲得したチリッチは第4・第6ゲームでブレークに成功。5ゲームを連取し先行する。第2セットでも第1ゲームからブレークに成功したチリッチだったが、デ ミノーに第6ゲームでブレークバックを許すと第12ゲームでブレークされセットカウント1-1に追いつかれる。
ファイナルセット、序盤で2ゲームを連取されるもその直後に4ゲームを連取したチリッチが2時間10分の激闘を制した。
男子プロテニス協会のATPはチリッチのコメントを掲載し「クロアチア代表としてコートに戻ってくることができて、とてもうれしい。(代表として)この20ヶ月間、試合をしていなかった。オーストラリアチームと対戦できたことをうれしく思うよ。彼らは強く戦っていた。(この大会では)すべての試合が重要」と語った。
また、第1試合では世界ランク276位のB・ゴジョ(クロアチア)が同61位のA・ポピリン(オーストラリア)をの7-6, 7-5のストレートで破り、第3試合ではN・メクティッチ(クロアチア)/ M・パビッチ(クロアチア)組がデ ミノー/ J・ピアース(オーストラリア)組を6-3, 6-1のストレートで下している。
WOWOWテニスフェスティバル2021
12/12(日)午後4:00
日本の誇る国枝 慎吾・上地 結衣らがトークやエキシビションマッチなどを行なうスペシャルイベントを生中継!
WOWOWで無料放送&WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>