プロテニス選手がアスリートから大会ディレクターに転身するのは珍しい話ではない。今、近年のテニス界で最も愛された人物の一人が、特別な形でその流れに合流しようとしている。米テニスメディアBASELINEが報じている。【実際の動画】バグダティスの現役最後の試合となった2019年ウィンブルドン2回戦【実際の投稿】バグダティスの引退を惜しんで投稿された名プレー集(スレッド)

先日、2006年の「全豪オープン」で決勝に進出したマルコス・バグダティス(キプロス)が、「IMGフューチャー・スターズ選抜大会」の大会ディレクターに就任することが発表された。ギリシャのアテネにあるタトイクラブで開催されるこの新しい大会には、世界中から12歳未満の男女各24選手が出場する。

「2019年にプロテニスを引退してから、コーチやメンターとして次世代のプロテニス選手を助け、教育するのをすごく楽しんできた。“IMGフューチャー・スターズ選抜大会”で参加者たちと会って、この新しい大会を形作る一員となることが待ちきれない」と、バグダティスはプレスリリースの中で述べている。

2022年4月25日から5月1日までの1週間に行われるこの大会は、コートでの競争を超えて、様々な学びの機会を提供するものと見込まれている。プロテニス選手としてのキャリアに必要とされるものについて、ワークショップを通して家族が理解を深めることができる他、健康や栄養に関する成功事例も紹介される。

大会の模様はテニスチャンネル・インターナショナルで放送され、センターコートでの試合はテニスチャンネル・プラスで生中継される。この大会の優勝者は、米フロリダ州のブレーデントンで開催される有名な「エディ・ハール国際ジュニア大会」に出場することとなる。

バグダティスは現役時代にATPの大会で4度優勝し、シングルスで世界ランキング8位まで上り詰めた。また、「ロンドンオリンピック」では、母国キプロスの選手団から開会式での旗手に選ばれた。

(テニスデイリー編集部)

写真は2016年全豪オープンでのバグダディス

Photo by Darrian Traynor/Getty Images