2017年アジアラグビーチャンピオンシップを戦う韓国代表。香港セブンズから帰国したジョン・ウォルターズ監督のもと、練習を開始した。
 現在、20名の候補選手が判明している。
 日本チームに所属する選手では唯一、日野自動車のPR金光植(キム・グァンシク)が入っている。昨年、初めて3名が代表入りした在日韓国選手は皆無となった。
 また2015年シーズンを日野で過ごしたNO8李勇昇(イ・ヨンスン)の名前がある。
 今季、NTTドコモに加入したスピードランナー張成民(チャン・ソンミン)は代表よりもドコモでの練習を選んだ。2016年11月にチリ遠征したメンバーからは8人が入った。

【PR】 羅官榮(ナ・グァンヨン)、金ソンテ、金光植(キム・グァンシク)、金ミョンファン
【HO】 金ジップ
【LO/FL】 申多炫(シン・ダヒョン)
【FL】 チョン・ヒョジン、ユ・ジフン、金昌珉(キム・ジョンミン)、金ヒョンス
【NO8】 韓建圭(ハン・コンギュ)、金デファン、李勇昇(イ・ヨンスン)
【SH】 シン・ギチョル、李ソンベ
【SO】 ユ・ジェヒョク
【CTB】 文ジョンホ(ムン)、金南郁(キム・ナンウク)、金成洙(キム・ソンス)、金洸民(キム・グァンミン)

 韓国代表は今後も選手を招集し、4月22日(土)に仁川市にある南洞アジアドスタジアムで日本代表と初戦を戦う。韓国のディオン・ミュア コーチは以前、福岡サニックスブルースでプレーした。ジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチとサニックスOB対決となる。(文:見明亨徳)